新型コロナウイルスのパンデミックは、世界中の臨床現場に大きな影響を与えています。 必需品の社会的分離と汚染の拡大を制限するための開発の制限は、医療の提供方法に影響を及ぼし、オンライン面接が人気の洪水を引き起こしています。 以下では、コロナウイルスのパンデミックがオンライン臨床の検討に何を意味するかを詳しく説明します。

  1. 社会的削除の要件:

パンデミックの発生直後から、汚染の拡大を制限するための措置として社会的排除が行われました。 このため、一部の患者にとっては救急診療所を訪れることが困難になっており、他の現実的な選択肢としてオンライン会議が浮上しています。

  1. 臨床的検討の進行:

オンラインカンファレンスは、オンライン診療 医療手配の整合性を確保するという目的で大きな効果をもたらしました。 いずれにせよ、パンデミック中、患者にはウェブ上で PCP と対話を続け、必要な臨床的考慮、たとえば結論を得たり、解決策を得るという選択肢がありました。

  1. 汚染リスクの軽減:

オンラインカウンセリングは、患者が診療所や医療センターに行く必要性を軽減することで、病気のリスクを減らすことに成功しています。 特に高齢者や免疫力が低下している患者にとって、自宅から臨床カンファレンスを受けるオプションがあることは、脳の調和をもたらします。

  1. 臨床労働者の負担を軽減する:

医療サービス従事者を汚染というギャンブルにさらさないようにするために、オンライン会議は専門家や医療従事者の負担を軽減する方法として間違いなく際立っています。 臨床専門医は、病気の危険にさらされている患者と対峙することなく治療できるため、自らの安全を確保しながら臨床的配慮を行うことができるようになっているのが現状です。

  1. イノベーションに影響を与える:

パンデミックにより、医療団体や患者はイノベーションを積極的に活用することができなくなりました。 これにより、オンラインでの臨床検討段階の実行と、コンピューター化された患者の健康記録の管理が促進されました。

  1. 新しい医療サービス伝達モデルの調査:

パンデミックにより、医療サービスがどのように提供されるべきかについて新たな検討が行われるようになった。 オンラインでの検討は、従来の検討モデルとは対照的に、賢く、患者の快適性をさらに向上させる可能性を示しています。

  1. 遠隔医療の開発:

パンデミックにより、遠隔医療の急速な発展と、新しい医療提供の専門知識の収集が促進されました。 これにより、オンライン臨床検討の普及が加速しました。 実際、危機的状況においても、オンライン臨床カウンセラーは、臨床上の配慮を提供し続け、汚染の拡大を抑制するための不可欠な資産として活用されました。 その後、これらの出会いを踏まえて、より広範で熟練した臨床的考察のモデルが作成されるのが通常です。